今では使ってない人がほとんどいないツールであるLINE。

恋愛においても、ほとんどコミュニケーションの基本になりつつありますね。

LINEの内容一つとって、脈ありなのか脈なしなのか、一喜一憂することも多いのではないでしょうか。

そこで今回は、LINEを上手に使うための心構えからテクニックまで、余すことなく解説します。

  • LINEで気をつけておきたいこと
  • 実際にどんな内容を送れば良いのか

この記事を読むことで、全てを掴んでもらえると思います。

今すぐ、脈なしラインからは卒業してしまいましょう。

猫吉アニキ
LINEは現代人のコミュニケーションにとって必須のツールだ!きっちり学んでいけよ!

 

あくまで日常の延長と心得る

日常の延長と心得る

LINEは、恋愛において「必須のツール」と言っても良いと思います。

どうすればLINEを使って仲良くなれるのか、気になりますよね。

モテないウサ男
何とかウサ子ちゃんとLINE交換できたぞ!

けど、仲良くなるためには、何て送れば良いんだろ。

猫吉アニキ
まあ、慌てんな。

まずは会ってる時に仲良くできるように。それが先だぜ。

LINEというツールを挟むだけで、あくまで日常の延長ということを忘れてはいけません。

対面での会話と変わらないのです。

そのため、普段会っている時はそこまで親しくないのに、LINEでだけ馴れ馴れしくしては絶対にダメです。

まずはそのことを心にしっかりと刻み込んでください。

 

LINEを送る頻度や内容は「相手との距離」で決まる

LINEで送る頻度や内容は、「相手と自分の距離」によって変わります。

モテない男は、LINEを使って仲良くなることに固執しがちです。

相手の女性に返信をもらえなかったりすると、

モテないウサ男
次はどんな話題で送れば、会話が続くのかな?

このように考えてしまう男が多いのです。

この状態から抜け出すためには、逆の発想を持つ必要があります。

LINEを使って、雑談できる仲まで縮めていくのではありません。

すでに仲が良いから、LINEで楽しく雑談できるのです。

まずは、「実際に会っている時」の挨拶や会話を通して、「LINEで雑談ができるレベル」をゆっくりと目指しましょう。

相手との関係構築が全くできていない段階で、

いきなりメッセージをたくさん送っても、はっきり言って怖いだけです。

普段会っても、あんまり喋らないのにLINEだけはすぐに来る。

男でもちょっと怖いなと思いませんか?

最初はリアルで仲良くなることを心がけることが重要です。

その段階からLINEテクニックは始まっているのです。

 

送るネタがないなら用事を作ろう

そして少し仲良くなってきたら、「カンタンな用事」を作って送るようにしてみましょう。

しかし、なかなか都合の良い用事も見つからないですよね?

そんな場合は、リアルで伏線を張っておくのです。

最近見た映画の話とかをして、オススメを聞いておく。

そして後日、「あの映画なんだっけ?」と質問LINEを送るのです。

あくまでさらっと送るのがポイントですよ。

モテないウサ男
今ちょうど、TUTAYAに来てたから。

そのように言っておけば、不自然ではありません。

何にも用事がないのにLINEを送ると、「いきなりどうしたの、この人?」となってしまいますが、

用事があれば、気持ち的にも受け入れやすいですよね。

そして、そこから運良く会話が続きそうだったとしても、深追いはしません。

「あなたからLINEが来る」という状況を認識させるだけで良いのです。

女性は自然と仲良くなっていく感覚が好きなのです。

焦らずじっくり、それがLINEを使いこなすための第一のポイントですよ。

猫吉アニキ
LINEはあくまで会えない時間を補うためのもんだ、最初は落ち着いていけよ!

 

キャラをブラさない

キャラをブラさない

  • 普段はおとなしい感じなのに、LINEだとグイグイくる。
  • 暗い話し方をする男が、「絵文字や顔文字」を多用する。

このようなLINEの送り方をしていると、

ウサ子
何か怖いし、気持ち悪い・・・。

そのように思われるのは間違いありません。

今ではこんなことを言っている僕も、普段はそんなキャラじゃないのに、絵文字や顔文字を使いまくりの男でした。

なんとなく明るい感じにした方がモテると思い込んでいたのです。

今思い出しても、本当に恥ずかしい限りです。

「ギャップのある男はモテる」と言いますが、こういうのは「悪いギャップ」と言います。

女性からすれば、その変貌ぶりに理解が追いつきませんし怖いのです。

あなたが普段どう見られているか、どんなタイプだと思われているかを冷静に捉えましょう。

口下手だったり、女性に上手くアプローチができない男ほど、LINEでは張り切ってしまいがちです。

LINEは、男と女の仲を縮めてくれる便利なツールですが、リアルでのアプローチが一番重要ということを覚えておいてください。

猫吉アニキ
普段の自分そのままで良いんだ!LINEでだけ背伸びしても結果は絶対に出ないからな!

 

気合を捨てて、余裕を持つ

余裕を持つ

好意を持っている女性とLINEのメッセージ交換。

男なら誰しも気合が入りますよね。

モテないウサ男
メッセージのやり取りを通して、仲を縮めるぞ!自分のことを好きになってもらうぞ、ムフフ
猫吉アニキ
バカヤロウ!今すぐそんな気合は捨てやがれ!
モテないウサ男
え?でも、せっかくLINE交換したんだから、テクニックをフルに使ってアピールしないと!
猫吉アニキ
気合入りすぎてる男ほど、失敗するもんなんだ。

説明してやるからよく聞いとけよ。

LINEだけに限らないことですが、やる気満々にアプローチしても良い結果にはつながりません。

気合が入りすぎてしまうと、

  • 相手の状況も考えずに、ハイテンションなメッセージを送ってしまう。
  • LINEのラリーを続ける為に、脈絡のない話題を突然振ってしまう。
  • 「今何してるの?」と意図の分からない質問を連発してしまう。

このような、女性にとって疲れるLINEになってしまいがちです。

結果として、LINEでのやり取りが途切れてしまうわけなのですが、

一度気合が入ると、自分でストップをかけるのはなかなか難しいです。

モテないウサ男
ウサ子ちゃんから返信がない、なんでだ!?

と不安になり、

「今は忙しいのかな?」
「返信してよー(笑)」

といった、ウザい追撃LINEを送ってしまったりするのです。

まさに悪循環になりやすいわけですね。

実際のところ、女性は恋をしていれば、絶対に返信してきます。

だから、返事がない時点で「脈なし」ということになります。

しかし、それでショックを受けてしまうのはまだまだ早いです。

デートを重ねている段階ならまだしも、1回目のデートにも誘っていない状況なら、

まだ、あなたのことを好きになっていないのも当然だからです。

あなたがどれだけ相手のことを愛していても、相手が好きになってくれているかは別問題。

女性はゆっくりと段階を経て、恋をしていくものなのです。

そのことを頭に叩き込んで、余裕を持ちましょう。

初めのうちは、「返事が途切れて当然」ぐらいに考えておくべきです。

焦る必要は全くありません。

返事が返って来ないのであれば、ゆっくりとLINE以外の場所で仲良くなっていけば良いのですから。

 
また、相手からご丁寧にこんなメッセージが送られてくることがあるかもしれません。

ウサ子
ごめんね、仕事が忙しくてあんまり返事できない。

これは、本当に忙しいのか、「ウザいからLINE送ってくんなよ」ということなのか、正直見分けがつかないところでしょう。

ほとんどのケースが、お察し状態なわけですが・・・・・・。

しかし、すぐに脈なしなんだと諦めてはいけません。

せっかく相手が「忙しい」というキーワードを出してきているわけです。

余裕を持って、相手を気遣うメッセージくらいはサラッと返せるようになりましょう。

だからと言って、

モテないウサ男
全然大丈夫だよ、返せる時に返してくれたら良いからね^^

こんなLINEを送っていては、先は望めません。

女性からすれば、

ウサ子
返信前提なの?彼氏気取り?

と考えてしまうでしょう。

相手が忙しいといっているのに、返信を求めているあたりが「しつこい」ですよね。

押しの強い男はモテる?90%の人が勘違いする「押し」の本当の意味

2018.02.12
モテないウサ男
大変なんだね、でも仕事頑張っててすごいね!体には気をつけて!

ぐらいで返しておきましょう。

返信を促すような、自分本位の内容は含めません。

相手の「忙しい」という言葉に共感して、肯定する。

そのような、女心をつかむ返信をしましょう。

女性からは遠回しに切られている状況です。

それでも、あくまで共感と肯定に徹することで、自分に余裕があることを示すのです。

仮にこのメッセージで相手が癒されてくれれば、逆に好印象を持ってくれることだってあるのです。

しかし、返事がなくても気にしません。

その時にできるベストな対応を行った後は、

モテないウサ男
まだLINEで雑談できる仲には達していなかったんだな。

と、冷静に処理していきましょう。

「返事は来なくて当然」と考えるぐらいで、ちょうど良いのです。

 

「?」は使わず、相手が返しやすい内容を送る

相手が返しやすい内容でLINE

LINEを使って雑談ができるようになって来てからの話になりますが、常に「返しやすい内容」を送ることを心がけましょう。

やはり、LINEでのラリーが続くと仲良くなりやすいものです。

心理学で言うところの「単純接触効果」というやつですね。

リアルでのコミュニケーションに加え、LINEでのやり取りも盛り上がれば、女性もあなたのことを徐々に意識してくるでしょう。

そんなわけで、意中の女性とラリーが続く関係になることを目指して欲しいのですが、

ラリーを続けることを目的に「文章の終わりは疑問形にして、返信させろ!」なんて説く恋愛テクニックを目にすることもあります。

しかし、「?」の連発テクニックは使わない方が賢明です。

LINEだと今までの会話が文字で残りますよね。

文字で残るからこそ、疑問形の「?」の文字が悪い意味で印象に残ってしまうのです。

あなたから送られてくるメッセージのほとんどが質問で終わっていれば、「返さなくちゃいけない」っていうプレッシャーになってしまいます。

その結果、以下のように感じてしまうわけです。

ウサ子
なんか疲れる、この人とは合わないかも。

質問すること自体は、女性とのコミュニケーションにおいて、とても重要なことです。

しかし、相手の話を盛り上げるための「適度な質問」は大いに結構なのですが、文字に残るという性質上、LINEにおいては質問を控えめにした方が無難なのです。

それに、わざわざ疑問形にしなくても、相手からの返信を途切れさせないようにすることは可能です。

そのコツは、女性とのコミュニケーションの基本を守りながら、相手が返しやすい内容を徹底的に考えることです。

女性とのコミュニケーションの基本

  • 相手の話をしっかり聴く。
  • 共感して受け止める。

まずは、この2つを徹底しましょう。

これらの【女性との会話にはもう困らない】モテるコミュニケーションの基本の詳細については、以下の記事で解説しています。

【女性との会話にはもう困らない】モテるコミュニケーションの基本

2017.12.06

ぜひ、目を通してみてください。

この基本が分かっているだけでも、かなりモテるようになります。

モテないウサ男
基本は分かったとして、「返しやすい内容」って具体的にどういうこと?
猫吉アニキ
それは、ズバリ「何も考えずに返信できる内容」だ!

 

相手の女性が「直感的に返信できる」文章を考える

直感で気楽に返信できる方が楽ですし、続きやすい感じがしますよね?

LINEの文章を返しやすい内容にするためには、

相手の返信を予想しながら、文章を考える必要があります。

「自分だったら、こう返信するなー」ということを自分の文章に対して考えながら、送る内容を作るのです。

そういう視点を持てるようになると、LINEの文章も自然と上達していきます。

自分が返信しにくい文章を書いてしまっている時も、事前に気づけるようになるでしょう。

  • 自分の文章に対して、パッと返信文を思いつくことができるのか?
  • 瞬時に思いついた返信文は、会話が盛り上がることに繋がっていくものか?

そうやって自分に問いかけながら、文章を作成していくことが重要です。

モテないウサ男
め、めんどくさい・・・・・・。

確かにずっとこんなことを続けるのは、めんどくさいですよね。

しかし、あなたが惚れている女性を他の男に取られたくないのなら、この壁は乗り越えてもらわなければなりません。

そもそも何故、大多数の男がLINEで距離を縮めることができないのか?

それは、LINEでメッセージを送り合うということを、どこか当たり前のことのように思っているからです。

あなたが惚れている、その女性。

日常的にLINEで雑談する男性は他にもいるでしょう。

その女性の心を射止めたいと思うのなら、

「他の大多数の男より、あなたとLINEで雑談したい」と思わせる必要があるのです。

相手の女性に、あなたのメッセージに対して返信する義務はありません。

その大前提を忘れないようにしてください。

周りの男から一歩抜けるためには、あなたの奉仕する姿勢が重要になるのです。

相手が返信しやすい文章をしっかりと考える。

そういった小さな努力を積み重ねていくことで、

ウサ子
ウサ男くんのLINEってなんか返事しやすい、私たちって結構合うのかも

と感じてもらうことができます。

一度そのような印象を与えることができれば、その後の展開はかなり楽なものになります。

良い関係を構築してしまえば、それ以降はそれ程頑張らなくても、惰性で進んでいけるのです。

だから、最初にどれだけ頑張れるかがポイントです。

LINEで雑談し始めるようになった最初の間は、特に気をつけるようにしてください。

頑張るのは最初の間だけ。

そう思えば、何とか頑張れそうではありませんか?

実際にどのような内容で送るかは、もちろんケースバイケースです。

このあたりは、経験を積み重ねることで上達していくところでもあるのですが、次で例も交えながら説明していきたいと思います。

 

モテるラインの返し方とは?

どんな内容を送れば良いのか

基本的な心構えが分かったら、気になるのは

「実際にどんな内容を、どのように送れば良いの?」

ということですよね。

ここからは、先ほど触れた「相手が返しやすい文章」など、具体的な内容も含めて解説していきます。

猫吉アニキ
基本的な心構えが分かったら、簡単なテクニックを伝授していくぜ!実践あるのみだぞ!

 

1.相手の話を受け止め、「返しやすさ」を意識する

あなたのLINEが、女性にとって心地良いものになる。

そんな状態を実現するために、あなたに気をつけて欲しいポイントは以下の2点です。

  • 相手の話に必ず触れる。
  • 「返しやすい」内容で送る。

【相手の話に必ず触れる】

女性との会話においては、相手の話を受け止めることが重要です。

だから、相手の話をスルーするようなことは避けなければいけません。

例えば、映画の話題になったとします。

ウサ子
この前見た「猫とウサギの七日間」って映画が結構面白かったよー
モテないウサ男
(うーん、その映画見てないし。僕の嫌いなジャンルなんだよな。適当に流して、違う話題にしちゃおう。

そうなんだね。
映画といえば、やっぱりポップコーンだよね。ポップコーンなら何味派?

これは極端な例かもしれませんが、これに近いことをやってしまう人は案外多いものです。

「最近よくCMやってる映画だよね、感動シーンが多いって評判らしいね!」

「僕は見てないんだよね!俳優は誰が出てるの?」

どんなリアクションの仕方でも構いません。

相手が振ってきた話題には、いくら興味がなくても、しっかりと反応してあげましょう。

会話の主役はあなたではなく、女性なのです。

相手の女性も、何か話したいことがあるから話題を振ってきたはずです。

相手の話に丁寧に反応する。

そんな単純なことを守るだけでも、会話は盛り上がっていきます。

 

【「返しやすい」内容で送る】

そして次のポイントは、「返しやすい」内容で送ることです。

そのためには、相手の返信を予想しながら文章を作成しましょう。

もう一度、映画の話題を例に考えてみます。

ウサ子
さっき、USAYAに行ってきて「ザ・猫の王道(とてもメジャーな映画)」借りてきたのー。

見たことあるんだけど、好きだから何回も見ちゃうんだよねー。

モテないウサ男
「ザ・猫の王道」って面白いよね!
僕としては絶妙な長回しが、独特の雰囲気を作ってると感じるなー。

それに映画の随所から、「ウサギランド(とてもマイナーな映画)」へのリスペクストも垣間見えるよね。
特に、◯◯監督は△△の出身で・・・・・・

このように一方的なレビューを送られても、どう返信すれば良いのか分かりませんよね?
(映画が本当に好きな人同士なら、この返信でも成り立つかもしれません。)

それに、マイナーな映画を引き合いに出しても、相手の女性も知ってるという可能性は低いです。

その映画の名前を知らない時点で、もう返信に困ってしまうわけです。

とてもメジャーな映画が好きと言っている時点で、「ライトな映画好き」であると推測できますよね。

相手が返しやすい内容で送るのなら、

モテないウサ男
その映画見たことないんだよ!ずっと気になってたんだけど、機会がなくて。

何度も見てるんだったら、やっぱり面白いんだね!

シンプルに、このような感じで送ってみましょう。

すると、相手からの返信は、

ウサ子
絶対見た方が良いよ!感動するシーンも多いし、ラストのどんでん返しもすごいんだよ!

というような、オススメされる流れになりそうな気がしますよね?

これであれば、女性に好きな話をさせることもできるので、自然に盛り上がりそうです。

それに、あなたが実際にオススメされた映画を見れば、その後はどうなるでしょう。

その感想を伝えるという形で、後日またLINEを送るきっかけにすることもできますよね。

このように相手の返信を予想しながら返信文を作成することで、

その後の流れをコントロールしていくこともできるのです。

もちろん、ケースバイケースなので、常にここまで考える必要があるわけではありません。

考えすぎて返信できなくなるのが一番の問題ですから。

まずは、返信内容を予想してみることを、クセづけることから始めれば良いのです。

継続していくことで、自然と考えられるようになっていきます。

相手のメッセージを既読にしてから、いちいち時間をかけて返信していては「テンポが悪いな」と思われてしまいます。

それを避けるためにも、LINEの通知をオンにして、既読にしなくても文章を読める状態にしておきましょう。

ある程度、文章内容を考えてから既読にするのです。
自然に返信している雰囲気を演出することも重要なポイントです。

 

2.返信スピードや文章量を相手に合わせる

恋愛初心者の間は、LINEでやり取りできていることに舞い上がってしまって、すぐに返事を送ってしまいがちです。

しかし、即時返信は基本的には避けた方が良いです。

女性側は「ちょっとLINEするくらいなら良いかな」ぐらいのテンションだったとします。

そこに間髪入れずに返信が返ってくると、やり取りすること自体に疲れてしまいます。

返信スピードは相手に合わせる。それが基本です。

自分がLINEを送って5分後に返信が来るようなら、自分も5分後くらいに返信する。

30分後に返信が来るなら、30分空けてから返信するといった具合ですね。

女性のタイプによって、テンションや返信スピードは様々です。

相手に合わせた対応をすることによって、「この人は自分と合いそうだな」と感じてもらえるわけです。

もちろん全く一緒だと気持ち悪いですよね。

だからたまには少し早く返したり、数分遅らせたり。緩急をつけることも意識しなければなりません。

また、文章量を合わせることも重要です。

ゆっくり長文が好きなタイプ、短文でテンポ良くやり取りするのが好きなタイプ。

色々な女性がいますから、早めに相手のタイプを見極めて、返信スタイルを変えていきましょう。

 

3.相手に合わせた絵文字やスタンプを適度に使う

顔文字の多用はあまり良い結果に繋がらないという話をしましたが、全く使わないのも素っ気ないですよね。

一番良いのは、やっぱり相手に合わせてしまうこと。

相手が使っている絵文字やスタンプをよく観察して、似たテイストのものを利用しましょう。

それでも使いすぎはやっぱりNG。

文章量にもよりますが、一回のメッセージに1〜2個ぐらいにしておきましょう。

 

まとめ

LINEテクニックの基本は、大きくまとめる以下の3つに集約されます。

  • がっつかないこと。
  • 相手に合わせること。
  • 女性とのコミュニケーションの基本を守ること

どれも恋愛の基本中の基本ですよね。

LINEを使うというだけで、重要なことはそれほど変わらないわけです。

あくまでLINEは、相手の女性とコミュニケーションを取りやすくる補助ツールです。

それを忘れないようにしておきましょう。

LINEのやり取りだけで惚れさせるのは、なかなか出来ることではないのです。

それが分かっていれば、女性の「脈ありサイン」に振り回されることもなくなります。

LINEという枠に捉われず、しっかりと相手の女性に向き合うようにしてください。

また、今回紹介したLINEのテクニックは、

メッセージ交換から出会いが始まるマッチングアプリにおいては、カナリ有効的です。

「理想の彼女が欲しい」なら、マッチングアプリを使わない理由がないと思う

2018.05.06

メッセージの上手さで「モテ・非モテ」が決まると言っても過言ではありませんが、

ほとんどの男がメッセージ下手なのが現状。

実戦でコツさえ掴めば無双できるので、一度紹介したテクニックを試してみてもらればと思います。