デートは、次のステップに進むための重要なポイントです。

しかし、一回だけデートして、その後は音沙汰なし。なんてケースも多いものです。

そうなってしまったら、なかなか挽回のチャンスは巡ってきません。

せっかく掴んだチャンス、是非とも次に繋げたいですよね。

そこで今回は、デートする上で気をつけたいことや注意点を解説していきます。

実は、基本的な知識を持っておくだけで、あなたのデートの「成功率」をグッと上げることができるのです。

ぜひ、最後まで読んでみてくださいね。

 

デートに備えて、準備をしておこう

何事も、準備をどれだけするかが大切ですよね。

デート当日に慌てることがないように、前もって準備していきましょう。

 

身だしなみを整えよう

デートでは、普段よりもずっと近い距離で、一緒に過ごすことになります。

いつも以上に身だしなみに気をつけておきましょう。

どれだけ魅力的なデートプランだったとしても、身だしなみ一つで上手くいかないこともあります。

以下のチェックリストに沿って、入念に準備しておいてくださいね。

身だしなみチェックリスト

  • シャワーは浴びたか。
  • 出かける直前に、歯を磨いたか。
  • 歯に何か挟まっていないか。
  • 鼻毛が出ていないか。
  • 服がシワになっていたり、ヨレヨレになっていないか。
  • 髭は剃っているか。
  • 爪にゴミが挟まってないか
  • 眉毛や髪型は整っているか。

 

デート用の服装を揃えておこう

女性ってやっぱりデートだと、気合いを入れた服装をしてきます。

女性の視点に立つと、コーディネート選びも含めてデートだったりするわけですね。

女性のデートへの期待度は、服装に表れると言っても過言ではありません。

そんな状況で、

  • 普段着そのまま
  • 一緒に歩きたくないぐらいダサい、奇抜

あなたの服装がこんな感じだったら、どう思われるでしょうか?

間違いなく、相手の女性のテンションはダダ下りです。

これから恋が始まるかもとドキドキしているところに、

「やる気が感じられない服装」で来られたら、誰でもガッカリしちゃいますよね。

ウサ子
盛り上がってたのは、自分だけなのかなー。

というわけで、爽やかにデートらしい服装を心がけましょう。

無理をしてオシャレをしようとすると失敗しますが、あまりにも無難すぎる服装ではいけません。

ファッションに自信がない人は、プロに頼んでしまうことも検討しましょう。

低身長でも速攻おしゃれ!ベストスタイルミーダイレクトがすごい理由

2018.02.01

 

デートの予算は、男が全部持つつもりで!

初デートにおいては、デートにかかる費用は、あなたが全て払うつもりでいてください。

もちろん、「男が払って当然」と思っている女性を相手にする必要はありません。

そういう「心持ち」でいるということが大切です。

無理に全部払う必要もないし、何が何でも女性に払わせないって気持ちじゃなくて良いのです。

ただ、自分からワリカンを切り出す必要がないぐらいのお金は用意しておきましょう。

 

デートの計画を確認する

デートに誘ったからには、デートプランを立てる必要がありますよね。

しかし、計画を立てただけで満足してはいけません。デートを成功させるためには、見直しも必要です。

以下で紹介するポイントをチェックしておきましょう。

 

デートのスケジュールは余裕を持って

デート当日のスケジュールは、時間に余裕を持った行程にしておくことがポイントです。

自分の計画した通りに進むことは、なかなか珍しいと思います。

休憩に立ち寄ったカフェで、思っていた以上に話が弾んだりというのもよくある話です。

キツキツのスケジュールは、焦る気持ちを生むだけなので注意しましょう。

時間に余裕を持たせておけば、デートの進行具合に応じて調整ができますよね。

しっかりとした計画を立てておくことも大切ですが、

ウサ子
次はどこに行くの?

という質問に、サッと答えられる程度で十分です。

例えば、食事中に

モテないウサ男
次は○○時に、水族館行かなきゃいけないから、早く食べて!

こんなこと言われたら、女性側も楽しめないですよね。

ゆとりを持ったスケジュールにしておきましょう。

 

店の予約や、営業時間の確認を徹底しておく

食事に行く予定なら、店の予約は必須です。

休日や人が混む時間帯は、なかなか店に入れないこともしばしばあります。

人気店なら、なおさらです。

「今日は予約でいっぱいなんです。」なんて言われたら、デートの雰囲気もブチ壊しですよね。

目当ての店が決まっているなら、しっかり予約しておきましょう。

食事だけでなくて、どこかデートスポットへ寄るというプランもあるかもしれません。

そういう時も営業時間などの情報を確認しておくと良いでしょう。

そうすることで、スマートな段取りができます。

いざ行ってみたら閉まってた。という事がないように注意しましょう。

 

プランBを用意しておく

どれだけ完璧なデートプランを立てたとしても、不測の事態は起こるものです。

天気予報では「晴れ」だったのに、突然雨が降るってこともありますよね。

そんな時に慌てないように、「代替案」を用意しておくことが大切です。

モテないウサ男
突然雨が降っても大丈夫なように、屋内で楽しめるスポットも探しとこう。

というように、デートプランは複数用意しておきましょう。

 

モテる男はここが違う!デート中のマナーや作法を知っておこう

デートの準備や計画ができていれば、

あとはデート当日どのように振る舞うべきなのかを確認しておきましょう。

特に初めてのデートの場合には、細かな行動にも気を使う事が大切ですよ。

 

待ち合わせ時間には絶対に遅刻しない

当たり前の話ですが、待ち合わせ時間には絶対遅刻してはいけません。

早め早めの行動を心がけましょう。

僕の場合は、30分前から待ち合わせ場所の近くで時間を潰していたりしています。

早めに着いておいてしまえば、電車が遅れて遅刻するなんて心配もありません。

 
逆に、女性が遅刻することは、意外とよくあります。

よくあることなので、遅刻されても気にしてはいけません。

化粧したり、髪型を整えたりと、女性の身支度って結構忙しいんですよね。

「頑張って準備してくれてるんだな。」ぐらいの広い気持ちで、女性の到着を待ちましょう。

遅刻されたからと言って、悪態をついたりしてはいけませんよ。

 

笑顔を絶やさない

デート中は笑顔を絶やさないようにしましょう。

あなたが笑顔でいることを心がけるだけで、デート自体の雰囲気もかなり良くなるはずです。

あなたの楽しそうな顔を見ることで、女性側も「デートに来て良かった」と思ってくれるでしょう。

逆にあなたに笑顔がないと、

ウサ子
あんまり楽しくないのかも。

女性は不安に思います。

感情は表現しないと、相手には伝わりませんよね。

相手のテンションを下げる事がないように、デート中は笑顔を絶やさないように気をつけてください。

そして何より、笑顔はモテる男に必須の要素でもあります。

本当にモテる男の特徴はたったの3つだけ!?その身につけ方とは

2017.12.12

笑顔の練習もしておきましょうね。

 

相手のペースに合わせる

基本的に、女性は歩くのが遅いです。

ヒールなんか履いていると、なおさらですよね。

相手のペースに合わせて、ゆっくり歩くことを常に意識しましょう。

まだ仲が深まってない状態だと、「歩くペースを合わせて欲しい」って女性から言い出しにくかったりもします。

言われなくても気づける、スマートな男になりましょう。

 
そして、食事のペースを合わせることも重要です。

相手と一緒に食べ終わるぐらいに調整しましょう。

あんまり早く食べ終わると、女性にとってはプレッシャーです。

そんな状態だと、食事も楽しめませんよね。

相手のことをよく観察するのが重要です。

 

車道側を女性に歩かせない

男が、車道側を歩く。

デート中の気遣いでは、王道中の王道ですよね。

王道だけに、女性に好印象を持ってもらうこともできるでしょう。

モテないウサ男
うーん、あからさまじゃない?
ちょっと僕がやるのは、違和感ある気がするなあ。

むしろ、分かりやすいぐらいじゃないと意味がないのです。

付き合った後なら別ですが、「深い優しさ」って、女性にはなかなか通じません。

一説によると、「レディーファースト」っていうのも、元々は女性側のマナーの話なんですよね。

・男性を出迎えるために、先に入室する。
・扉を女性が先に潜るのは、男性の代わりに安全を確かめるため。

実は、そういう類の思想なんです。根底にあるのは、女性差別が普通だった中世ヨーロッパ社会の文化なわけです。

そんな経緯がある「レディーファースト」でも、「女性への優しさ」として受け入れられていますよね。

何故なら、分かりやすいからです。

分かりやすい優しさを意識してみましょう。

まずは、以下に挙げるポイントを実践していくと良いでしょう。

  • 扉を開けてあげる。
  • 椅子を引いてあげる。
  • 重い荷物を持ってあげる。
  • 寒い日なら、窓際の席は避ける。

とは言っても、無理に全てを実践しようとする必要はないので、出来る範囲で構いません。

自然に体が動くようになるとベストです。

 

携帯電話は基本触らない

よっぽど緊急の仕事の連絡とかなら別ですが、デート中は携帯を触らないようにしましょう。

目の前で携帯を触られてたら、ちょっと気分が悪いですよね?

せっかく二人きりの時間なのですから、相手の女性に集中するようにしてください。

 

ダラダラと引き止めない

デート当日の終盤で、気をつけて欲しいこと。

それは、ダラダラと相手を引き止めないことです。

相手の女性には、門限だってあるかもしれませんよね。

ちょうど良い時間で解散する。そのバランス感覚を持つことが大切です。

デート慣れてしていないと、できるだけ長くいることに固執してしまうこともあります。

しかし、長い時間を過ごすことと、仲良くなることはイコールではありません。

あくまで、すでに仲が良いから長い時間一緒に入れるということなんです。

ちょうど良い余韻があるから、次もまた会いたくなるもの。

「ちょうど良い」バランス感覚を大事にしましょう。

 

まとめ

二人の仲を縮めるために、重要なステップであるデート。

一度失敗すれば、次の段階へ進むことはとても難しくなってしまいます。

しっかり対策をして、チャンスを逃さない男になっておきましょう。

デート中の行動が、その後の運命を決めるのです。

経験も必要ですが、知識でカバーできる部分もあることを覚えておいてください。

そして、より成功率を高めたいなら、どのような会話をするかにも注意を払いましょう。

デート中の話題選びにはコツがある!?デートの印象を良くする会話術

2017.12.16

【女性との会話にはもう困らない】モテるコミュニケーションの基本

2017.12.06

上記の記事では、「女性との会話」に焦点を当てて解説しています。

ぜひ、これらの記事も読んでみてください。