ウサ男
平日休みだと、なかなか出会いがないよ。なんか良い方法ないのかな?

平日休みだと、ナカナカ予定が合わずに苦労しますよね。

それも「男女の出会い」となると、なおさらです。

「出会えるなら、土日休みの人でも・・・」という気持ちにもなりますが、

やはり「休みが合うカップル」の方が長続きする傾向にあるものです。

それに、頑張って出会いを作ったとしても、休みが合わないと進展しにくいですよね。

異性と出会う方法はたくさんありますが、結果に繋がらなかったら意味がありません。

なので、「平日休みの相手」を狙い撃ちにする出会い方をオススメします。

今回は、

  • 自分と同じ「平日休みの人」と出会える
  • すぐに結果が出る

上記の条件に合う「出会い方」をまとめてみました。

 

イキナリ結論:「平日休み」の人が出会う方法は?

オススメの方法は、ズバリ以下の3つです。

すぐに結果が出る3つの方法

  1. 平日休みの人向けの街コン・パーティー:コミュニケーションに自信があるなら
  2. マッチングアプリ:忙しくて時間が取れないなら
  3. 婚活サイト:結婚を意識した出会いが欲しいなら

上記で挙げた以外にも、ナンパ、習い事、社会人サークル、平日開催の異業種交流会などなど、出会い方自体はたくさんあります。

しかし、早く結果を出すためには、「相手も出会いを求めていること」も大切です。

ただでさえ忙しいのに、

「既に相手がいる」「たまたま今週だけ、平日休みだった」なんて言われたら、時間がいくらあっても足りません。

そういう心配がいらないのが、今回紹介する出会い方なわけです。

 

1.平日休み向けの「街コン・恋活パーティー」に参加する

平日休み向けの街コン、婚活パーティ

初対面でも臆せずに会話ができるなら、「街コン・婚活パーティー」に参加すると良いです。

直接会話できるので、合う・合わないも手っ取り早く分かりますよね。

最近だと、「平日休み・不定休」の人に向けたイベントもあります。

そういったイベントを狙いましょう。

ただ、「平日休み向け」のイベントは多いわけではありません。

なのでタイミングが合うなら、チャンスを逃さずに参加するのがポイントです。

 

2.マッチングアプリで「平日休み」を条件に探す

マッチングアプリで平日休みの相手を探す

一番オススメしたいのが、「ネットを使った出会い」です。

もしかしたら、抵抗がある方もいるかもしれません。

しかし人気のアプリであれば、累計600万人を超える会員がいるほど、ネットでの出会いは普通になっているんです。

マッチングアプリなら、「平日休み・不定期」といった形で、条件を絞って相手を探すことが可能です。

withの女性検索画面

もちろん、在住地域や体型など、いろんな条件を指定できます。

スマホ1つで完結するので、スキマ時間でも出会いを作れることも魅力ですよ。

忙しいけど、出会いは欲しいと言う人にオススメです。

とは言え、「ネットでの出会いはやっぱり不安」という方も多いはず。

なので、僕が実際に使ったことのある、サクラのいない優良アプリを紹介しておきます。

平日休みの人が多い「優良アプリ」は?

僕がオススメするマッチングアプリは、以下の3つです。

  • 【Pairs】(R18):
    最大の会員規模。ただし、男性会員(ライバル)も多め。
  • with(ウィズ):
    メンタリストDaigoがプロデュース。会員数の男女バランスが良いので狙い目(今なら)
  • ゼクシィ恋結び:
    リクルート(ゼクシィ)が運営で安心。ただし、Facebookアカウントが必要&地方会員は少なめ。

どのアプリも会員登録は無料でできますが、

実際にメッセージを交換しようとすると、【月額3000円前後の有料会員】になる必要があります。

とは言っても「定額制」なので、どれだけメッセージを送ろうとそれ以上の金額は必要はありません。

1回参加するだけでお金がかかる合コン・街コンと比べると、はるかに安く済みますね。(1日あたり100円で、出会いを作れます。)

※ちなみに、女性は基本無料です。

そして、気になる「平日休み・不定期」の会員の登録状況は、以下のような感じ。

アプリ名 平日休み・不定期の会員数(女性) 全体の割合
ペアーズ 278,964人 30.6%
with(ウィズ) 77,570人 30.6%
ゼクシィ恋結び 39,368人 28.9%

(※2018年8月10日時点)

こう見ると「ペアーズ」が圧倒的な人数ですが、その分ライバルも多いです。

あなたが地方在住なら「ペアーズ」をオススメしますが、

【 都市に住んでいる&今から始める 】なら、男女比のバランスが良くて会員数もそこそこいる「with(ウィズ)」が良いと思います。

とは言え、今回紹介したアプリはどれも無料で会員を見ることができるので、実際に使ってみると良いですよ。

メッセージ交換しない限りはタダで使えるので、リスクもありません。

ほとんどの会員が「写真付き」なので、見ているだけでも「出会うイメージ」が湧いてくるはずです。

選び方としては、

地方住みでたくさんの会員から選びたいなら【Pairs】(R18)

ライバルを避けて出会いやすさを取るならwith(ウィズ)

安心を求めつつ、まったり出会いを探したいならリクルート運営のゼクシィ恋結びという感じかなと思います。

 

無料会員の登録方法(withの場合)

無料会員の登録もすぐ終わるので、今からでも出会いを探せます。

with(ウィズ)の登録方法を紹介しておきます。(どれも基本一緒です)

with(ウィズ)の公式ページで、

  • Facebookではじめる
  • 電話番号ではじめる

※ゼクシィ恋結びは「Facebook」のみ。

上記のどちらかを選べばOK。

あとは、カンタンな情報を入力するだけで始めることができます。

withの登録画面

 

Facebookと電話番号、どちらを選んでも大丈夫です。

ペアーズとwith(ウィズ)に関しては、「フェイスブック」と「電話番号」の2通りの登録方法があります。

どちらを選んだとしても、あなたの個人情報は表示されないので、安心してください。

もちろん、Facebookに「〇〇さんが、withを始めました」といった投稿もされません。(「いいね」も付かないです)

ただ、Facebookと連携して会員登録すると、「Facebook上の友だちは、お互いに表示されない」仕組みになっているので、Facebookアカウントの方が多少はメリットあるかもです。

「ブロック機能」もあり、会員数も多いので、ほとんど問題ないとは思いますが、

友人にバレたくないなら「Facebookではじめる」方が無難ですよ。(僕自身、Facebookで登録しています)

 

3.結婚を意識した出会いなら「婚活サイト」

婚活サイトで平日休みの相手を探す

結婚を意識した出会いを求めているなら、「婚活サイト」を利用しましょう。

上述したマッチングアプリと同様に、こちらも条件を絞って相手を探すことができます。

マッチングアプリの場合は、「結婚はまだ・・・」という会員が大半です。

その点、婚活サイトなら「結婚を視野に入れている人」が登録しているので安心ですね。

ゼクシィ縁結びというサービスなら、無料会員から始めることができます。

無料で「価値観診断」を受けることもできるので、結婚を考えているなら登録してみると良いと思います。

 

まとめ

平日休みの出会いまとめ

「平日休み」など条件を絞ると、一見「出会いの数」は減りそうですが、

今回紹介した方法を使えば、全然問題なく出会いは作れます。

今回紹介した方法の中には、「知ってたけど敬遠してたもの」もあるかもしれませんが、

一歩踏み出してみれば、

ウサ男
意外と悪くないね

と思えるでしょう。

平日休み同士のカップルなら、

  • 人気のデートスポットも空いてる
  • お得な値段で旅行できる

などなど、きっと楽しめるはず。

歳をとってから「あの時、一歩踏み出してれば・・・」とならないように、積極的に行動していくことが大事です。